miraichousho

記事一覧(15)

人の役に立つ喜び

大変

大変だ-大変だーという人は多いけれど. 目の前のその人も大変かもしれない、とその時は思えないんだな。 自分が大変だということを訴えるその時も、 目の前のその人の時間をも使っているという事を、その大変な人は忘れてしまうんだろうね。大変だから。 その人が1日どんな生活をして今日この話を聞いてくれているのか 今日この人がいろんなことを経験して今目の前にいてくれるのか話すとき忘れてしまうんだろうな 耳は2つあるから色々な人の話を聞くことはできるけれど 口はひとつしかないから しゃべる時はしゃべることしかできない 話しながらも耳は自分が思ってるよりも働いてくれている 話しながら自分の耳で聞くとき私たちは多くのことに気づく。 話すときに気づくよりも 話したことを自分の耳が聞いているときに気付いてる、そんな気がしている。 その耳で感じたたくさんのこと.もっと大切にしてもいい。 そして目の前のその人にもまた2つ耳がついてること信頼してもいい。 キチンと感じた時私達は沢山のことにきちんと気づける。 そして何かをする時、1人の力じゃなくて多くの木陰に支えられて 僕らは大きなことを成し遂げている事を覚えていてもいい。 大変って口にする時、目の前の人も大変なんじゃないかな。 そんなふうに思える人になれたなら きっと目の前の世界は大きく変わるんじゃないかな。  「大変」て書くくらいだものね

父の日

母の日。もう母を亡くしてからの時間が母と共に生きた時間に近づいてきました。そんな事を思い迎えた母の日に沢山の色んな母が思う子供のことを想う沢山のメッセージに出会えました。父の日を控えた今日も父との過ごした幼少期を思いやりながら6月を過ごしました。そしてまた色んな父との関係を話す人達と出会いました。教会の家に生まれた、絵本作家ののぶみさんが前にお話しされていました。「求めよ、さらば 与えられん」自分が想えば、そういうものがきちんと見えるものですよ、と。何かを思いやること、何かを願うこと、何かに思いを馳せる事。何かに感じた言葉を置き換える事。想うだけで、言葉を変えるだけでまるでカメラのオートフォーカスみたいに同じ世界を見ていても、見えてくる世界のピントが変わる。今日であった言葉「親に与えてもらってきたギフトはなんでしたか?」嫌いで仕方なかった頃もあった。今は生きていてくれるだけで、感謝ばかりになりました。今まで過ごした全ての言葉も時間も、空間も、ギフトに思える様になったよ。この時間を与えてくれてのはお父さんとお母さんが、出会ってくれたからだね。give は gift なんだなって、今はそんな風に思います。 

メガネの見た目

「遊ぶ時はさメガネ変えたら、モテる様になるんじゃない?」そんな風に友人に先日飲んでいた時に言われました。そう、私は。。モテません!笑けれど、モテる事より、「楽しい」とか「ホッとする」のが私の中で大きかったので今まで特に気にもなりませんでした。モテないメリットも、ありますからねー。(強がっているわけではありません!)メガネって、かけてる自分自身は自分からの見える世界しか気づきません。相手にどう見られているかは、鏡でも見ない限り気づいてないんです。これ、どこかで忘れてきてました。今のメガネを買う時に、「人に安心して貰える様なのは、僕にはどんなメガネが良いですか?」僕は人に安心感とかホッとして貰えたらと、今のメガネと出会いました。ホッとした空間の中の、私はニコニコがとても好きだから。それもあってか、このメガネをかけてからとても素敵な出会いばかりでした。けど、それはどこか見える世界を自分でメガネに合わせていたんだなって。どんな人に見て貰えたらと、メガネをかけてたかな。こころの中の色メガネも。そもそも、自分の見られたい様に選んでたかな。私のこのメガネ。この髪型。この服。「今の私はあなたにどう見えますか?」自分の知ってる自分じゃ知らない、見える世界を周りの人は見てくれてる。それを教えてくれるのは、周りの人。面白そうだから、新しいメガネを作りに出かけてみようと思います。メガネを変えたら、また違う人達に出会える様に思えます。「オシャレはさ、会う人のためにするもんだよ。」昔そういや誰かが言ってたっけ。モテる様になるかどうかは、乞うご期待!ちなみに、その友人のその後の一言「ま、俺ならコンタクトにするけどね!」